地デジと、ワンセグの違い!

こんにちは。 ('-'*)

昨日は、地デジのお話を、しました。

今日は、地デジとワンセグの違いについて...!

よく、聞かれるんですけど、地デジ放送が始まると、ワンセグは、見れなくなるんですか?

と、よく聞かれます。   答えは、見れます。

そもそも、地デジと、ワンセグは、何が違うのか!

地デジは、良く12セグや、フルセグなどと、言います。 

日本の地上デジタル放送方式では、1つのチャンネルが13の「セグメント」に分割されており、これをいくつか束ねて映像やデータ、音声などを送信しています。
ハイビジョン放送は12セグメント必要になりますが、通常画質の放送は4セグメントで済むため、3つの異なる番組を1つのチャンネルで同時に放送することもできます。 

「ワンセグ」は、地上デジタル放送のサービスのひとつです。
先程、お話したように、地上デジタル放送は帯域を13のセグメントに分けます。地デジ放送はそのうちの12個を使って映像や音声、文字情報を送ります。残る1つのセグメントだけで映像、音声、文字情報が得られるのが「ワンセグ」です。

「ワンセグ」は地デジを小さな画面で簡易的に見ることができるサービス、思ってください。

当然のことですが、12セグの地デジに比べて、ワンセグは画質が悪く、大画面向きではありません。

12セグの地デジの方が、画像は、きれいです。

じゃあ、アナログと変わらないの? 

それほど高画質ではありませんが、デジタル放送なのでノイズを除きやすく、比較的移動中に強いのでモバイルや、カーナビ等には向いていると言えます。

カーナビの画面は小さいですし、車は、移動するので、移動に強いのでワンセグの方が向いていると思います。

カーナビで、12セグの物は、受信エリアによって、12セグと、ワンセグの自動切換えを、行なうものが殆どです。

この辺になってくると、好みと、予算の関係になってきます。 

やはり、12セグ対応のものより、ワンセグ対応の物の方が、安価です。

難しい判断になりそうですね。 
                       
ちょっと、難しいお話になりましたが、少しは理解して頂けたのではないでしょうか?

参考にしてみてください。
                       rikiya ・ N
[PR]
by kplan3 | 2011-06-28 17:23
<< もう夏? 地デジ化! >>