人気ブログランキング |

スタッドレスタイヤの点検

こんばんは('-'*)

寒くなりましたねー!  世羅町の今朝の最低気温は、-1.8℃でした!

思わず、ネックウォーマーを、取り出しました。  昨日は、少し暖かいきがしたような・・・・?

本格的な冬の到来ですね。 体調管理には、十分気をつけましょう!

車の方も、冬を意識しなければなりません。 

先ずは、その代表といえば、スタッドレスタイヤです。 すでに新しく購入された方以外で、スタッドレスタイヤをお持ちの皆さん、あなたのスタッドレスタイヤ大丈夫ですか?

雪が降る前に、再度確認をお願いします。

先ずは、残り溝の点検です。
a0167998_1754556.jpg

タイヤの溝に、赤丸で示したような印が出ていませんか?
これは、フラットスポットといいます。 

これが、タイヤのブロックと高さが同じになると、スタッドレスタイヤが、50%磨耗したことになります。
この印が出ると、スタッドレスタイヤの効力がなくなります。
言わば、交換の目安になります。

次に、タイヤの使用年数と、硬化具合です。
先程の、フラットスポットの話にも、若干通じますが・・・!
スタッドレスタイヤは、通常の夏に履くラジアルタイヤとは違い、とてもやわらかい構造になっています。
これが、路面をしっかり押さえつけ、積雪路や、凍結路などに効きます。
しかし、タイヤが硬くなってくると、路面を押さえつける力が減り、スタッドレスや嫌の効力が小さくなってきます。
a0167998_1811414.jpg

四角で囲った溝の中に、小さなヒビ割れが入っていると思います。
こうなってしまったら要注意です。 硬度計という専用の測定があるので、測定してもらってください。

最後に、タイヤのサイドウォールです。 
a0167998_18171827.jpg

この画像は、極端過ぎますが・・・・!(ごめんなさい、丁度良いものがなくて・・・(ノ_-。) )
何が言いたいかといいますと・・・!
タイヤの横のサイドの傷には十分注意してください。 
ちょっとした傷でも、タイヤの空気圧の状態や、走行状況によっては、バーストする可能性もあります。
こういった場合は出来れば交換をオススメします。

冬は何かと行事の多い季節です。 安心して越冬する為にも、先ずは点検を、お願いします。

                                           rikiya ・ N
by kplan3 | 2012-11-19 18:32 | 整備・修理
<< 紅葉! 急に.....! >>