アイドリング・ストップ・システム

こんにちは('-'*)

ここの所、寒いですね。 雪なんかも降ったりして・・・・! (エジプトや中東でも・・・)

もう少し寒いようです。

風邪をひかないように・・・・・・!

さて、最近は、車を運転中信号待ちで辺りを見渡せば、各メーカーのアイドリングストップ装着車が増えてきました。

信号待ちでエンジンが止まる事が普通になってきました。 
たまに、アイドリング・ストップの付いていない車に乗っても、発進時ブレーキを緩めてしまいます(笑)

信号が青になると、他の車とハモッたりなんかして・・・・( ^0^)θ~♪

そんなアイドリング・ストップ車ですが、アイドリング・ストップする条件と言うものがあります。

逆にいえば、その条件が揃っていないと、エンジンが止まらないという事です。 スタンバイ条件と言いますが・・・!

全部言っていたら限が無いので、一例をご紹介します。 

スタンバイ状態にある車は、エコアイドルのランプが、緑色に点灯します。
a0167998_18594283.jpg
この状態にあれば、信号待ちでブレーキを踏んでいれば、エンジンが停止します。(乗せている程度では止まりません)

①先ずは、エンジン・トランスミッションが十分に温まっている時! エンジンを始動後5~10分後!
②シフトレバーが、Dレンジの時
③ボンネットが閉まっている時
④ドアが閉まっている時
⑤シートベルトを着用している時
⑥外気温度が0度以上の時 (マイナスの時はアイドリングストップ出来ません。 メーター表示の温度と異なる事があります。)
⑦フロントデフロスタがOFFの時(冬場などで、フロントガラスに熱風を当てるモードの時はストップ出来ません)
⑧エアコン温度が、COOL MAXになっていない時

大まかにいえば以上、八つの条件が揃っていれば、スタンバイ条件に入ります。
もし、信号待ちでエンジンが停止しないなら、何れか条件から外れている可能性があります。
特に、⑥~⑧は良くあるので、最初に確認を!

参考にして頂ければと思います。
                                 rikiya・N


[PR]
by kplan3 | 2013-12-16 19:07
<< ドッキドキ…o(;-_-;)o... 自転車! >>